home > 都道府県別ゴルフ場一覧 > 長崎県ゴルフ場口コミ一覧 > パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ

 

パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ

Passage Kinkai Island Golf Club - 男女メジャートーナメント開催の名コース

パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ (長崎県長崎市のゴルフ場)。ゴルフ場予約比較、クチコミ評価リンク、ゴルフ場ランキング情報を掲載。ほかルート検索地図やコースレートなどのコースガイド。大村湾に浮かぶ、日本を代表するシーサイドコース。コース東側を右周りに進むアウト、名物の3番ホールは海越えのやや打ち下ろしの絶景ホール。4番は、遼くんもトリプルを叩いた難易度の高いロングホールで、ハンディキャップ1のキーホール。西側のインコースは、反対に左回りに進む。海に接する12番、16番でも海越えと なるティショットを楽しめる。2010年日本プロゴルフ選手権が開催され、谷口徹プロが優勝している。

コース設計者

藤井義将 設計。1971年の日本オープン覇者。シニア後も活躍した名プロゴルファー。設計は福岡県の麻生飯塚GCなど。

口コミ評価

パサージュ琴海アイランドGCの主な口コミ評は「ウィンターシーズンはウィンターヘラクレスがお得。長崎県民は利用してお得にラウンドしてみましょう。/さすがは名コースだけある。立地を最大限に生かしたアメリカにあるようなコースです。人生に一度は訪れて欲しいです。」。口コミ総合評価の平均は★★★★★。


パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ ランキング コースガイド

所在地 / 電話番号

長崎県長崎市琴海戸根原町171 / 電話: 095-884-3990

開場

1992年 (平成4年) 4月25日

グリーン

ベント1グリーン 

面積

82.5 万㎡ 

コース

アウト・イン 18ホール PAR72

コースレート
 (-)

73.8 / 7,107ヤード (バックティ)

70.9 / 6,517ヤード (レギュラーティ)

68.4 / 5,936ヤード (フロントティ1) 

設計者情報

長崎県 藤井義将 その他設計(監修)コース

- 

開催トーナメント

※1973年~

◇樋口久子・紀文クラシック (2000)

2000年-高   又順

◇日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯 (2010)

2010年-谷口   徹

◇第48回日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 (2015)

2015年-テレサ・ルー

その他主な大会

◇日韓男子プロゴルフ対抗戦 ミリオンヤードカップ (2012)

◇2013九州オープンゴルフ選手権決勝 (2013)

2013年-宮里優作

ランキング

長崎県 トーナメント開催実績ランキング 2位

長崎県 コースレート難易度ランキング 1位

長崎県 コースレート難易度(レギュラーティ)ランキング ベスト5

2015年 国内女子トーナメント開催ゴルフ場一覧

長崎県ゴルフコースランキング1位  (★★ 2つ星)

九州ベストコースランキングベスト10

名物ホール

・アウトコース 3番 PAR3 184ヤード

 日本のベストホールのひとつ、海越えの名物ショート。

ドラコン推奨ホール

・アウトコース - 6番ロングホール

・インコース - 18番ロングホール

練習場

230ヤード / 12打席

バンカー練習場

アプローチ練習場

宿泊施設

ホテルパサージュ琴海

最寄インター

川平有料道路 川平出口インターチェンジ17キロ 

ホームページ

パサージュ琴海アイランドゴルフクラブのホームページ

スポンサードリンク

 

 

 

パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ 地図

パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ の地図。地図のプロットをクリックすると、目的地までのルート検索が可能です。また、地図を自由に操作し、ズームアップする ことでゴルフ場のコースレイトアウトの概要や航空写真も見ることができます。

 

パサージュ琴海アイランドゴルフクラブの周辺ゴルフ場

 

ペニンシュラオーナーズゴルフクラブ - 口コミ予約

オーシャンパレスゴルフクラブ - 口コミ予約

 

 

パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ スコア報告等口コミ

 

パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ 関連情報

 

<2010年5月>

2010年5月13日から5月16日の4日間、日本最古のトーナメント、日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯がパサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(7,060ヤード/パー70)で開催(※長崎県では初のメジャートーナメント)。3日目を終えて、谷口徹と平塚哲二の2人が8アンダーの首位に並ぶ展開。最終日もバックナインを終わって1打差。10番と12番とバーディを奪った平塚が一時は首位に立つが、谷口が13番と14番で連続バーディを奪い再び首位に。勝負は最終ホールまでもつれこんだが、平塚が決めればプレーオフの3メートルのバーディパットをはずし決着。谷口徹がメジャートーナメントで今季初優勝。

 

<2012年7月>

2012年6月29日から7月1日の3日間、日本選抜対韓国選抜による男子プロゴルフの対抗戦、「ミリオンヤードカップ」が開催 (※過去3回は韓国での開催であったが4回目となる今年、初めて日本で開催されました)。初日はフォアサムのストロークプレー(ペアが1つのボールを交互に打ってのストローク戦)が行なわれ、1対4で韓国の勝利。2日目はフォアボールのストロークプレー(ペアがそれぞれプレーしホール毎の良いスコアを採用するストローク戦)が行なわれ、0勝4敗1分けで韓国の勝利。最終日はシングルスのストローク戦が行なわれ、日本が6勝3敗1分けとしたものの、2日目までの惨敗が響き、韓国が総合ポイント12対8の圧勝。

 

<2013年6月>

6月13日から16日の4日間、九州オープンゴルフ選手権(2013)が、パサージュ琴海アイランドGC(7,036ヤード/Par71)で開催。最終日、首位と1打差、単独2位でスタートした宮里優作が6バーディ、2ボギーでラウンド。通算15アンダーまで伸ばし、2位に5打差をつけて初優勝。

 

<2015年9月>

(事前) JLPGA公式戦今季第2戦。美奈木ゴルフ倶楽部で開催された昨年の大会は鈴木愛がツアー初優勝を飾っています。コースレイアウト、コースセッティングなどハードなコンディションとなることが予想されるのでロースコア決着のシビアな戦いとなるはず。 (結果) 国内女子ツアートーナメント第26戦、今季2戦目となるメジャー「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」が2015年9月10日から13日までの4日間にわたって開催。テレサ・ルー、イ・ボミ、上田桃子の最終組3人による優勝争いは、後半テレサ・ルーが一歩抜け出して通算7アンダーで優勝。8月のNEC軽井沢72ゴルフTに続いて今季4勝目。最後はショットの安定感と飛距離、そして常に攻めのゴルフをしたメンタル力の差が出たように感じました。



パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ スコア報告・楽しみ方・オススメ口コミ

コメント: 0