home > 地図で巡るゴルフコース > 地図で巡る日本のゴルフ場いろいろランキング日本一

 

地図で巡る日本のゴルフ場いろいろランキング日本一

 

世界のゴルフコースを地図で巡ってみる企画に続き、日本のゴルフ場を地図で巡ってみる企画。 いろいろな視点で、日本のゴルフ場ランキングを調べて、 日本一のゴルフ場を紹介しています。

 

 

プロット履歴

日本最古のゴルフ場。1903年(明治36年)、A・H グルームによって造られた。 

ちなみに、2番目に古いゴルフ場は、雲仙ゴルフ場で、1913年(大正2年)に開場。

3番目に古いゴルフ場は、鳴尾ゴルフ倶楽部で、1914年(大正3年)。

※横屋ゴルフアソシエーション(1904年)、根岸ゴルフ場(1906年)は、除く。

日本一と言われているゴルフコース。

ゴルフマガジン誌、ゴルフダイジェスト誌などの世界ゴルフコースランキングで、

常に日本1位となっており、世界的にも評価が高い日本を代表するゴルフ場。

       日本で最も長いホールがあるゴルフ場(長いホール日本一)。

       7番ホール PAR7 のヤーデージは、964 ヤード。

  • 菅平グリーンゴルフ (長野県須坂市)

日本で一番高い場所(高度)にあるゴルフ場(標高日本一)、1658m にあります。

  • ノースバレーカントリークラブ  ノースバレーCC (北海道稚内市)

       日本で最も北にあるゴルフ場 (日本最北端)。

       稚内空港より10分、宗谷海峡、利尻富士の眺望は、絶景。

       日本で最も東にあるゴルフ場 (日本最東端)。

       9ホール、PAR36のコース。18ホールの最東端のゴルフ場は、中標津ゴルフ場。

日本で最も南に、最も西にあるゴルフ場 (日本最南端、日本最西端のゴルフ場)。

ちゅらさんで有名な小浜島にあるゴルフ場。旧名称は、ハイムルミラージュカントリークラブ。

リゾナーレ小浜島になる前は、"神の宿る聖地"の意味、ニラカナイカントリークラブ。