home > 設計者で巡るゴルフ場 > 外国人ゴルフ場設計家 > チャールズ・ヒュー・アリソン設計コース一覧

 

チャールズ・ヒュー・アリソン 設計コース

日本一のゴルフコース、廣野ゴルフ倶楽部を残したチャールズ・ヒュー・アリソンが設計したゴルフ場を紹介。1882年、イギリス・ランカシャー州プレストン生まれ、1952年没。オックスフォード大学の造園学部で学び、ハリーコルトらとともにゴルフコースの設計に携わる。ゴルフの腕前もかなりのものだったらしく、イングランドアマに優勝するほどのものだった。1930年 (昭和5年) に来日、わずか2ヶ月余りの滞在で、東京ゴルフ倶楽部朝霞コース(現存せず)、藤沢カントリー倶楽部(現存せず)、川奈ホテル富士コース、廣野ゴルフ倶楽部 を設計し、また、霞ヶ関 東コースや鳴尾ゴルフ倶楽部、茨木カンツリー倶楽部東コースの監修や改造などにも関わり、日本のゴルフコース設計の基礎を作った人物。自然とコースの融合、そしてゴルファーなら一度は聞いたことがある"アリソンバンカー"などがコースの特徴のひとつ。

 

 


東日本に残るアリソン設計 西日本に残るアリソン設計

【特集】 川奈ホテル 富士コース

【特集】 廣野ゴルフ倶楽部
静岡県伊東市 兵庫県三木市 

 コースレート -

コースレート 75.8

川奈ホテル富士コース 詳細ページ 廣野G.C.  詳細ページ

 

 

チャールズ・ヒュー・アリソン 設計コース一覧

No コース名 所在地

開場年

コースレート

他設計者 

1

東京ゴルフ倶楽部朝霞コース

埼玉県朝霞

1932

2

川奈ホテル富士コース

静岡県伊東市

1936 

- 
3

茨木カンツリー倶楽部東コース

大阪府茨木市

1914

※改修
4 廣野ゴルフ倶楽部 兵庫県三木市

1932

75.8

 

 

スポンサードリンク