home > 設計者で巡るゴルフ場 > 日本人ゴルフ場設計家 > 金田武明 設計コース一覧

 

金田武明 設計コース

金田武明氏が設計したゴルフ場を紹介。1931年東京生まれ。早稲田大学ゴルフ部出身で、大学卒業後にアメリカ留学(オハイオ州立大学、メリーランド大学院)。1960年世界アマにプレイングキャプテンとして出場、霞ヶ関カンツリー倶楽部や相模カンツリー倶楽部のクラブチャンピオンにもなるトップアマであった。設計家としては、1987年(56歳時)開場の岩手県メイプルカントリークラブが初設計コース。そのメイプルカントリークラブは、ホームページに記載されているが、"急造に名門なし"の言葉を守って造成に3年の歳月をかけた処女作にして代表作。日本ゴルフコース設計家協会の発起人代表で、協会設立に尽力。2006年死去(75歳)。

 


金田武明氏の代表作 石川遼を育てたリンクスコース

メイプルカントリークラブ (GDO)

古河ゴルフリンクス(GDO)
岩手県岩手郡 茨城県古河市

 コースレート 73.0

コースレート 73.5

メイプルカントリークラブ 詳細ページ 古河ゴルフリンクス 詳細ページ

金田武明 設計監修コース一覧

No コース名 所在地

開場年

コースレート

他設計者 

1 シェイクスピアカントリークラブ 北海道石狩市

1991

73.1

2 トーヤレイクヒルゴルフ倶楽部 北海道伊達市 1995 72.2

新井剛(監修)

3 レラゴルフクラブ ※閉鎖 北海道余市郡

1993

4 メイプルカントリークラブ 岩手県岩手郡

1987

73.0 新井剛(監修)
5 ノースハンプトンゴルフ倶楽部 秋田県山本郡

1995

71.9
6 古河ゴルフリンクス 茨城県古河市

1991

73.5
7 大多喜城ゴルフ倶楽部 千葉県夷隅郡

1992

ゲーリー・プレイヤー

※ コースレートは、2014年5月現在の値

 

スポンサードリンク