home > 都道府県別 全国ゴルフ場一覧 > 栃木県ゴルフ場一覧 > ロイヤルメドウゴルフスタジアム

 

ロイヤルメドウゴルフスタジアム

Royal Meadow Golf Studium - 2009年全面改装で評価が増す、石川遼プロ監修コースにチャレンジ!

【2019年主な開催競技 in ロイヤルメドウGC】
・AbemaTV 男子チャレンジ 「石川遼 everyone PROJECT Challenge」(2019年10月9日-11日)

ロイヤルメドウゴルフスタジアム (栃木県芳賀郡芳賀町のゴルフ場)。ゴルフ場予約比較、クチコミ評価リンク、ゴルフ場ランキング情報を掲載。ほかルート検索地図やコースレートなどのコースガイド。1973年(昭和48年)「宇都宮御料カントリークラブ」の開発計画が始まり。1984年(昭和59年)旧イ・アイ・イ・インターグループが買収、1987年(昭和62年)に開場。隣町にある高根沢町御料牧場に最も近いゴルフ場という立地環境から"ロイヤルメドウ(皇室の牧草地)"というゴルフ場になったと推測されます。紆余曲折を経て2011年7月にコース名が変更、ロイヤルメドウゴルフスタジアムとなる。元々のメインコースデザインは本橋栄一氏で、戸張捷氏がトータルプロデューサーとして参加。1ホールの高低差が10メートル以内のフラットなコースで、ティグランドからはIP地点が、そしてセカンド地点からはグリーンを見通せるフェアなデザイン。多くのホールに池があり、美しい景観と開放感がある。2009年にコースやクラブハウスを含め全面改装され、リニューアルオープン。そして2011年に、石川遼プロの監修のもと、距離延長やオーガスタ仕様のグリーンの改修などが行なわれています。度重なる改造の結果、距離も伸び、フルバックのブラックティからは7,233ヤード。コースレートは栃木県内トップ5の数値を誇ります。なお、ここロイヤルメドウは、数々の名勝負が繰り広げられた歴史ある伝統競技、関東プロゴルフ選手権の最後の舞台となっています。開催年は1990年、優勝は通算13アンダーの中嶋常幸。

設計者情報

本橋栄一設計、戸張捷トータルプロデュース。佐野市の太平洋アソシエイツ佐野ヒルクレストも同じコンビによって造られている。2011年5月からは石川遼プロ監修による改造が行なわれています。

口コミ評価情報

主な口コミ評は、「初めての石川遼監修コースとして期待大で乗り込みましたが、グッズがいっぱい置いてあったりして遼ファンにはたまらないコースかもしれません、今度は改造されたところをチェックしてもう1度じっくりラウンドしてみたい。時期的なこともありますがやはり夏場はコンディションが厳しく重グリーン、秋の良い時期に行って速いグリーンを体感してみたいところ」。口コミ総合評価の平均は4。


ロイヤルメドウゴルフスタジアム コースガイド

所在地 / 電話番号

栃木県芳賀郡芳賀町大字給部字屋敷添268-6 / 電話: 028-677-3111

開場

1987年(昭和62年) 7月25日

コース

アウト・イン 18ホール PAR72  

コースレート
スロープレート

73.3 / 7,158ヤード (バックティ)

71.1 / 6,689ヤード (レギュラーティ)

69.5 / 6,321ヤード (フロントティ)  

スロープレーティング

開催トーナメント

※1973年~

◇関東プロゴルフ選手権 (1990)

1990-中嶋常幸

その他主な大会

◇男子チャレンジ everyone PROJECT Challenge ~石川遼プロデュース~

2013年-富村真治  2014年-沖野克文

2015年-秋吉翔太  2016年-塚田好宣

2017年-中里光之介  2018年-前川太治

名物ホール

・アウトコース 6番ホール PAR3 191ヤード (バックティ)

上がり3ホール前のショート。乗せてから集中の5段グリーン。

・アウトコース 8番ホール PAR5 503ヤード (バックティ)

フェアウェイが縦に長いクリークに分断されるロングホール。

・インコース 13番ホール PAR3 211ヤード (バックティ)

右サイドにある池が印象的な景観の良いショートホール。 

練習場

250ヤード / 15打席

最寄インター

東北自動車道 上三川インターチェンジ24キロ

北関東自動車道 真岡インターチェンジ25キロ ※平日は渋滞回避の為こちらが便利 

ホームページ

ロイヤルメドウゴルフスタジアムのホームページ

(旧 ロイヤルメドウゴルフ倶楽部)

スポンサードリンク

 

 

 

ロイヤルメドウゴルフスタジアム 地図

ロイヤルメドウゴルフスタジアム の地図。地図のプロットをクリックすると、目的地までのルート検索が可能です。また、地図を自由に操作し、ズームアップする ことでゴルフ場のコースレイトアウトの概要や航空写真も見ることができます。

 

ロイヤルメドウゴルフスタジアムの周辺ゴルフ場

 

G7カントリー倶楽部 (大金ゴルフ倶楽部)

新宇都宮カントリークラブ

 

 

ロイヤルメドウゴルフスタジアム 関連情報&スコア報告等口コミ

 

ロイヤルメドウゴルフスタジアム 関連情報

 

<2009年7月>

2009年1月からコース改造やハウスの改修の為クローズ。2009年7月にリニューアルオープン、コース全長が7,000ヤード超になる。

 

<2012年2月>

2011年5月から石川遼プロ監修によるコース改造・改修が始まる。2012年2月8日コース改修工事完了。→ オーガスタ仕様のグリーン、新設されたバンカーなど、石川遼プロ初監修コースが楽しめます。

 

<2013年9月>

男子チャレンジツアートーナメント 第1回everyone PROJECT Challenge Golf Tournament  ~石川遼プロデュース~ (7,089ヤード/パー71) が開催。最終日、首位と3打差の5位タイで出た富村真治が68をマークして、通算10アンダーでチャレンジツアー初優勝。

 

<2014年10月>

男子チャレンジツアー・「第2回石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament 2014」が2014年10月2日から4日までの3日間、ロイヤルメドウで開催 (7,089ヤード/パー71)。2日目に62をマークして首位に立った沖野克文が7バーディノーボギーの64でラウンドし、3日間トータル19アンダーで優勝。プロ16年目、38歳でのツアー初優勝となりました。主な選手の成績は、すし石垣が10アンダーの9位、小山内護が2アンダー45位タイ、宮里聖志が1アンダー55位タイなど。初日首位の大堀裕次郎は17位タイ。

 

 

ロイヤルメドウゴルフスタジアム 動画 (ホール紹介、各ホールの空撮などの動画があります)

ロイヤルメドウゴルフスタジアム スコア報告・楽しみ方・オススメ口コミ

コメント: 7
  • #7

    ほほほい (月曜日, 27 10月 2014 15:14)

    ドライビングレンジ、アプローチ練習場、パッティング、練習環境が良い。受付のスタッフの感じが凄く良い。ごはんもおいしかった。期待していたトーナメント(チャレンジ)開催コースのグリーンは今ひとつかな。グリーンスピードはそこそこ出ていましたが・・。

  • #6

    COCO (土曜日, 11 10月 2014 22:39)

    チャレンジツアー1週間後にプレー。グリーンは10フィート以上、転がりが良く、楽しかった。ラフは長くなかったが、フェアウェイバンカー、ガードバンカーが効いていて、今年一番バンカーショットを打ったかもしれません。ショットの精度のなさに尽きます。スコアの悪かった同伴者は、監修した遼くんのせいにしていましたが(笑)・・・。

  • #5

    DOIT (月曜日, 29 9月 2014 15:00)

    チャレンジT前でコンディションが良かった。ラフも深く、グリーンも速い。チャレンジではもっと厳しくなることが予想され、プロの凄さを少しは体感出来ました。

  • #4

    RYORYO (金曜日, 02 5月 2014 11:53)

    2月に予約していたが残念ながら雪のためクローズ。慮運くん監修コースということで楽しみにしていただけに残念。2014年のチャレンジ開催も決まったことだしまた予約して行きたい。

  • #3

    100yardage (木曜日, 11 4月 2013 23:06)

    遼くんプロデュースのチャレンジツアー開催コース。この秋が楽しみですね。

  • #2

    練習場 (木曜日, 24 1月 2013 21:18)

    練習場が良い。いつもは、ぎりぎり到着、パット練習をさくっとやってスタートですが、気合を入れて早めに到着。アプローチ、バンカー練習場でみっちり練習してからスタート。やっぱりゴルフはアプローチが肝ですな。

  • #1

    100yardage (火曜日, 08 11月 2011 23:29)

    -回。バックティからは距離たっぷりの本格チャンピオンコース。練習環境や宿泊施設も整っていて、コース以外の設備も充実しています。コースは、現在、石川遼プロ監修により改修中。完成が楽しみです。