home > 都道府県別ゴルフ場一覧 > 栃木県ゴルフ場一覧 > 日光カンツリー倶楽部

 

日光カンツリー倶楽部

NIKKO COUNTRY CLUB - 井上誠一の代表作のひとつ、県内唯一の日本オープンゴルフ選手権開催コース

【2017年主な開催競技 in 日光CC】
・第39回日本シニアゴルフ選手権 (2017年10月25日から10月27日の3日間)

日光カンツリー俱楽部 (栃木県日光市のゴルフ場)。予約比較、クチコミ評価リンク、ゴルフ場ランキング、ルート検索地図などのコースガイド。1955年(昭和30年)開場。栃木県では那須ゴルフ倶楽部に次ぐ歴史のある井上誠一氏設計の名門ゴルフ場。元々は大谷川の巨石累々とした河川敷だった場所。手作りで造られたコースが水害や厳しい寒さにさらされることで、人工的でないアンジュレーションがフェアウェイに刻まれ続けている。また各ホールフラットに見えるが、実はコース全体で50メートル程の高低差がある。男体山に向かうホールは上り、男体山を背にするホールは下りになっているので分かりやすいが、意識しないと微妙な距離感の違いに戸惑うかもしれません。グリーンは砲台グリーン。横や奥にはずすと寄せワンのリカバリは難しくなる。日光連山から吹きつける風による芝目があるので乗せても安心できない難易度の高いグリーン。また栃木を代表する名峰・男体山、その周囲の日光連山の眺めは絶景です。2003年には、栃木県で初めて日本オープンが開催され、深堀圭一郎プロが優勝を飾っています。名物ホールは、インコース 13番 PAR5 547ヤードとインコース 11番 PAR4 455ヤード。13番は、男体山に向かって昇っていくロングホール、雄大な男体山の眺めは絶景。11番は、日光カンツリーを代表するミドル。距離が長く、まっすぐに伸びるフェアウェイが特徴。通称 「松の廊下」 と呼ばれるホール。

設計者情報

設計者 : 井上誠一 設計。栃木県では日光カンツリー倶楽部の他、那須ゴルフ倶楽部、烏山城カントリークラブがある。

>> 井上誠一設計コース一覧

アクセス (ルート検索地図は下部)

】 (最寄インターチェンジ) 日光宇都宮道路の今市インターから約6キロ。(道順) 東北自動車道の宇都宮ICから日光宇都宮道路へ。今市インターで降り直進、国道121号線を進み大谷橋を渡り左折、案内に従い左折しコースへ。 【電車】 (利用路線) 東武日光線の日光駅、JR日光線・日光駅。日光駅からはタクシーで約7分。


日光カンツリー倶楽部 ランキング

【主な雑誌掲載ランキング情報】

チョイス 日本のベスト100コース5位(2005年)、トップ10(2006年)、セカンド20(2007年)、トップ10(2008年から2013年)。ゴルフスタイル EZGOベスト100ゴルフコースランキング15位(2006年)。週刊ダイヤモンド 人気ゴルフ場ランキング38位(2008年)、年別冊セオリー 井上誠一設計コースベスト10で2位 (2009年)。週刊ダイヤモンド 設計の評価が高いコースランクイン (2010年)。


日光カンツリー倶楽部 コースガイド

所在地/TEL

栃木県日光市所野2833 / 電話:0288-54-2128

開場 1955年4月3日
グリーン ベント1グリーン
コース アウト・イン 18ホール パー72
コースレート
スロープレート

73.0 (78.4) / 7,061ヤード 【133】 - バックティ

71.2 (76.4) / 6,667ヤード 【129】 - レギュラーティ

69.4 (74.2) / 6,253ヤード 【123】 - フロントティ1

67.8 (71.9) / 5,829ヤード 【118】 - フロントティ2

スロープレーティング

査定有り ※2015年2月4日現在

開催トーナメント
※1973年-

◇日本オープンゴルフ選手権 (2003)

2003年-深堀圭一郎

その他主な大会
※2012年-

◇栃木県アマチュアゴルフ選手権決勝 (2011年-2015年)

2011年-後藤貴広  2012年-児矢野政勝 2013年-渡辺幹根

2014年-中三川勝弘 2015年-北山保士

◇北関東シニアオープンゴルフ選手権 (2012-)

2012年-渡辺   司  2013年-室田   淳  2014年-加藤優

2015年-久保勝美  2016年-加瀬秀樹

◇第17回栃木県オープンゴルフ選手権 (2014)

2014年-菊地純

ドライビングレンジ

220ヤード / 25打席 / アプローチ・バンカー練習場 

アプローチ練習場

有り

バンカー練習場

有り

宿泊施設

ロッジ (2010年10月7日オープン)

シングル28室、ツイン2室

最寄インター

日光宇都宮道路 日光インターチェンジ 6 km

ホームページ

日光カンツリー倶楽部のホームページ

コースレートの項目、男子の数値と()内に女子の数値を記載しています。【】内はスロープレーティング。2013年10月17日現在。

日光カンツリー倶楽部 ホールガイド&100切り攻略法

アウトコース コースレイアウト
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9
バックティ(黒) 419 425 170 580 400 350 435 210 513 3502
レギュラーティ(青) 407 407 152 559 386 330 400 188 484 3313
フロントティ(白) 395 389 132 514 360 312 375 159 470 3106
PAR 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36
HDCP 11 5 17 1 7 13 3 15 9

1番 Par4 男体山を正面に望む、日光カンツリー倶楽部を象徴するホール. 男体山へ向かって上り.

2番 Par4 1番に続いて上りのミドル. 左サイドのクロスバンカー、グリーン右手前へ迫り出す松が曲者.

3番 Par3 グリーン両サイド手前にあるガードバンカーによって落とし所が狭く感じるショート. 距離感が全て.

4番 Par5 3ホール続いた上りから一転緩やかな下りのロング. ハンディキャップ1、難グリーン.

5番 Par4 1番と同じく男体山に向かって進む上りのミドル. 左右の木により難しいティショットとなる.

6番 Par4 アウトで唯一の300ヤード台のミドル. 距離不要確実に取りたいホール.

7番 Par4 緩やかな下りで広いフェアウェイのミドル. 左にクロスバンカーに入れないこと.

8番 Par3 比較的長いショート. 右サイドの松やバンカー等が目に入るのでフェードがベターだが.

9番 Par5 アウト最終ホールはロング. フェアウェイキープでここも取りたいホールのひとつ.

 

インコース コースレイアウト
HOLE 10 11 12 13 14 15 16 17 18 TOTAL
バックティ(黒) 518 455 235 547 350 415 207 410 422 3559 7061
レギュラーティ(青) 500 436 215 500 330 402 179 388 404 3354 6667
フロントティ(白) 475 419 192 477 303 378 155 360 388 3147 6253
PAR 5 4 3 5 4 4 3 4 4 36 72
HDCP 12 4 14 2 10 6 18 8 16

10番 Par5 男体山を背に、アウトとは逆方向にスタートするロング. 左サイドのOBに注意すれば攻めていける.

11番 Par4 松の廊下と呼ばれる名物ミドルホール. フェアウェイのアンジュレーションがあるので右から攻める.

12番 Par3 日光CC最長ショート. ゆるやかな下り、手前からがベター.

13番 Par5 13番から3ホール、男体山へ向かう. フェアウェイは広めだが距離が長くハンディキャップ2.

14番 Par4 イン唯一の300ヤード台のミドル. 距離不要、フェアウェイキープ.

15番 Par4 ほぼ真っ直ぐのフェアウェイだがグリーンが左に置かれている為、方向性が大切になるミドル.

16番 Par3 グリーン右手前、大きなガードバンカーが特徴のショート. センターからやや左サイドが無難.

17番 Par4 打ち下ろしのミドル. フェアウェイ右サイドをキープしてデッドに攻めたいホール.

18番 Par4 日光カンツリーのホームホールは、やはり男体山へ打ち放つ.

 

スポンサードリンク

 

 

 

日光カンツリー倶楽部 地図

日光CC の地図。地図のプロットをクリックすると、目的地までのルート検索が可能です。また、地図を自由に操作し、ズームアップすることでゴルフ場のコースレイトアウトの概要や航空写真も見ることができます。

 

日光カンツリー倶楽部の周辺ゴルフ場

 

日光ゴルフパークハレル

パインズ日光ゴルフ倶楽部

日光霧降カントリークラブ 

 

 

日光カンツリー倶楽部 評価&難易度レーティング-口コミ

 

日光カンツリー倶楽部 関連情報

 

<2010年11月>

「別冊セオリー名門ゴルフ場&名物ホールの秘密」の"日本のベストホール"で、11番ホールと12番ホールが選出されています。日光カンツリー倶楽部の11番ホールは455ヤード・パー4。"通称「松の廊下」と呼ばれるホールでフェアウェイには凍った土がとけることで生じた無数の起伏があり、ボールが思わぬ方向にキックすることがある (引用)"。12番は235ヤード・パー3。距離のある打ち下ろしで距離感が難しい(引用)。

 

<2012年11月7日>

日光カンツリー倶楽部で開催された第1回北関東シニアオープンゴルフ選手権 (2012年11月6日から11月7日)は、渡辺司と伊藤正巳が通算3アンダーで並びプレーオフへ。1ホール目で渡辺司がバーディを奪い、この大会の初代チャンピオンに輝いています。ベストアマは、1オーバーの73で回った小池敏夫。なお、競技は初日の6日が悪天の為中止となったため、7日に18ホールでのストロークプレーで行なわれました。

 

<2013年1月>

ゴルフダイジェストチョイス2013年新春号「日本のベスト100コースランキング」でトップ10にランクイン。トップ10に入った北関東のゴルフ場は、茨城県の大洗ゴルフ倶楽部と龍ヶ崎カントリー倶楽部。3コースともに井上誠一氏設計コース。

 

<2013年6月>

「第2回北関東シニアオープンゴルフ選手権(がんばろう東日本)」が、昨年に引き続き開催決定。開催日は、2013年9月25日水曜日から26日木曜日。

 

<2013年9月>

2013年9月25日と26日の2日間、第2回北関東シニアオープンゴルフ選手権が開催。2日目の最終日、首位タイでスタートした室田淳が7バーディ・2ボギーの67をマークし、今大会初優勝。2位は首位タイスタートの崎山武志。

 

<2014年9月>

2014年9月25日と26日、第3回北関東シニアオープンゴルフ選手権が開催(6,946ヤード/パー72)。初日3アンダー2位タイの芹澤信雄と、2アンダー5位タイの加藤優が、通算5アンダーで並びプレーオフへ。プレーオフは1ホールで加藤優がバーディを奪い優勝。シニア転向1年目での初優勝。

 

<日光カンツリー倶楽部の写真>

ラウンド時に撮影した写真を追加。冬の日光カンツリー倶楽部。

 

 

日光カンツリー倶楽部 スコア報告・楽しみ方・オススメ口コミ

コメント: 6
  • #6

    まちいしゃ (火曜日, 07 5月 2013 16:32)

    コンペでラウンド。通算4度目のラウンド、今度こそは80台と気合を入れるも後半崩れ90オーバー。歩きのラウンドの為、日ごろの運動不足が響きました。平らのようで傾斜があるコースということを改めて実感しました。

  • #5

    日光ファン (日曜日, 23 12月 2012 14:20)

    このコースは池が1つもない。(実際高低差はあるが)えぐれた窪地があるわけでもない→プレーラインを分断するようなハザード&起伏が
    ない。だからこそ、錯覚の面白さがより際立ってくるのでしょうね。

  • #4

    北関東シニア (土曜日, 15 12月 2012 23:59)

    (水曜日, 14 11月 2012 10:54)
    先日行われた北関東シニアに行ってきました。平日ということもあってかギャラリーは少ないような気がしましたが、尾崎健夫プロの組にはたくさんのギャラリーがついていました。選手とギャラリーの距離が近く一緒にラウンドしているような錯覚にさせてくれるシニアの大会の良さを改めて実感できました。

  • #3

    Abet (土曜日, 28 7月 2012 16:30)

    初めて日光カンツリー倶楽部へ行ってきました。2003年に日本オープンが開催されたそうですが、井上誠一氏の設計でもあり名前は聞いて知っておりましたが、歴史のあるコースということで襟を正す気持ちで行ってみると噂にたがわずクラブハウスはクラッシックで趣のある何とも言えない居心地の良さを感じました。コースも流石というかハンディキャップ12の腕ではとても難しくて歯が立ちませんでした。正に山のコースでありながらフラットなホールは一見簡単に見えるのですが微妙な高低差がありグリーンをうまく捕らえられず、外すと場所によってはとても寄らず、いわゆる寄らず入らずの連続でとても疲れました。しかし終わってみるとまた来たくなる思いは沸々と湧いてきて今度は是非攻略したい、そんな気にさせるコースでした。

  • #2

    世界遺産 (木曜日, 24 11月 2011 10:09)

    90回。以前、1月に行きましたが、風もなく、ポカポカ陽気の中、ラウンド出来ました。グリーンもコンディションがよく、キャディさんも気さくで、やはり名門ですね。スコアは、アイアンショットが安定せず、バンカー入れまくりで、あと一歩でした。

  • #1

    100yardage (火曜日, 08 11月 2011 20:12)

    80回。さすが日本オープン開催コース、素晴らしいコンディション、松林にセパレートされた各ホールの雰囲気、男体山の景観、全てにおいて抜群でした。70台は出ませんでしたが、ショートゲームを磨いて再チャレンジです。