スターツ笠間ゴルフ倶楽部 / 旧笠間東洋ゴルフ倶楽部

STARTS KASAMA GOLF CLUB - 井上誠一氏最後の作品

【2019年主な開催競技 in スターツ笠間GC】
・PGA国内シニアツアー第5戦 第20回スターツシニアゴルフトーナメント (2019年6月14日から16日)

スターツ笠間ゴルフ倶楽部 (茨城県笠間市のゴルフ場)。ゴルフ場予約比較、クチコミ評価リンク、ゴルフ場ランキング情報を掲載。ほかルート検索地図やコースレートなどのコースガイド。旧 笠間東洋ゴルフ倶楽部。名匠 井上誠一の最後の作品で、設計家人生の集大成が表現されていると言われている茨城県屈指の名コース。自然美と人工美の調和や、雄大なコースレイアウトを各 ホール随所にわたって感じることが出来ます。また、クラブハウスも文化勲章受章者 日本を代表する建築家、村野藤吾設計です。"クラブハウスの構想と最適な配置場所を練るために村野氏は井上誠一氏のコース計画を聞き、コース全体のイメージを確認するべく現地を回った。当初は田園的にのびのびとした平屋建てを計画していたが一転、工事寸前に急遽このコースに相応しくないと大胆に変更、現在のクラブハウスになったという" (Style-GOLDより)。レイアウトと建築、ゴルフ場を訪れることで、20世紀の芸術を楽しむことが出来るゴルフ倶楽部。

アクセス (ルート検索地図は下部)

【車】 最寄IC 常磐自動車道/水戸ICより7㎞ (道順) 水戸ICで小山・笠間方面におり、国道50号線を笠間方向に。2つ目の信号(大足東)を右折し城里方面に。旧50号線約1.5㎞直進。歩道橋の先信号(中原交差点)を右折し、約250m先を左折すると約4㎞でコースへ。 【電車】 利用路線 JR常磐線・友部駅 - JR常磐線・友部駅下車 友部駅から20分

設計者

井上誠一設計. 井上誠一氏の遺作となったコースがスターツ笠間ゴルフ倶楽部 (旧名称は笠間東洋ゴルフ倶楽部. ほか、茨城県内では大洗町の大洗GC、坂東市の大利根CC、龍ヶ崎市の龍ヶ崎CC と名作を遺しています。

>> 井上誠一 設計コース一覧

口コミ評価

主な口コミ評は、「料金はそれなりに高いですが行ってみる価値あり。余裕のある広さ、メンテの良さなど全てに満足。コースとは関係ないけど接客も素晴らしい。/月イチゴルファーなので安いところに行ってしまいますが、井上誠一設計ということでラウンド。最高のコンディションの中プレーさせていただきました。、キャディさんを含め、ホスピタリティの点でもGOOD」。口コミ評価の平均は★★★★★。


ランキング

特集

スターツ笠間ゴルフ倶楽部 クラブハウス特集 - クラブハウスの設計は村野藤吾. 昭和の建築界の重鎮. 東の丹下、西の村野と称された. 主な作品は、広島県広島市の世界平和記念聖堂、東京都千代田区の日本生命日比谷ビルなど.


スターツ笠間ゴルフ倶楽部 コースガイド ランキング

所在地/TEL

茨城県笠間市池野辺2340-1 / 電話:0296-72-8126

開場 1985年10月12日
コースレート
スロープレート
(難易度1-Aグリーン)

72.6 / 6,978ヤード 【128】 チャンピオンティ

70.6 / 6,556ヤード 【124】 バックティ

68.9 / 6,157ヤード 【119】 レギュラーティ

65.8 / 5,451ヤード 【112】 レディースティ

コースレート
スロープレート
(難易度2-Bグリーン)

72.4 / 6,902ヤード 【127】 チャンピオンティ

70.5 / 6,487ヤード 【123】 バックティ

68.4 / 6,062ヤード 【120】 レギュラーティ

65.4 / 5,366ヤード 【113】 レディースティ

スロープレーティング

査定有り

開催トーナメント

※1973年~

その他主な大会

◇第49回日本シニアオープンゴルフ選手権笠間東洋カップ (2010年)

2010年-加瀬秀樹

◇スターツシニアゴルフトーナメント (2013年から)

2013年-中嶋常幸  2014年-池内信治  2015年-室田淳

2016年-崎山武志  2017年-プラヤド・マークセン

2018年-プラヤド・マークセン  2019年-倉本昌弘

名物ホール

・インコース16番 PAR4  457ヤード

池越えで大きく右ドッグレッグする距離のあるミドル、雄大な景観。

練習場

250ヤード / 16打席 

バンカー練習場

有り

アプローチ練習場

有り

宿泊施設

最寄インター

常磐自動車道 水戸インターチェンジ7km

ホームページ

スターツ笠間ゴルフ倶楽部のホームページ

(旧 笠間東洋ゴルフ倶楽部)

スポンサードリンク

 

 

 

スターツ笠間ゴルフ倶楽部 地図

地図のプロットをクリックすると、目的地までのルート検索が可能です。また、地図を自由に操作し、ズームアップすることでゴルフ場のコースレイトアウトの概要や航空写真も見ることができます。

スターツ笠間ゴルフ倶楽部 スコア報告等口コミ

 

スターツ笠間ゴルフ倶楽部 関連情報

 

<2010年9月>

2010年9月23日から26日の4日間、第49回日本プロゴルフシニア選手権大会笠間東洋カップが笠間東洋ゴルフ倶楽部(6,958ヤード/Par72)で開催。サードラウンドで65のビッグスコアをたたき出しトップタイにたった加瀬秀樹が、最終日もノーボギーの3アンダー、69をマークし、2位に4打差をつける通算13アンダーで優勝。シニア初優勝を日本プロゴルフシニアで飾っています。

 

<2013年6月>

2013年6月14日から16日の3日間、「第14回スターツシニアゴルフトーナメント」 (6,936ヤード・パー72) が開催。大混戦の最終日は、首位井戸木と2打差3位タイでスタートした中嶋常幸が、8つスコアを伸ばして通算18アンダーで今季シニアツアー初優勝。シニアツアー通算5勝、レギュラーツアーを合わせると53勝目。

 

<2014年6月>

2014年6月13日から15日の3日間、「第15回スターツシニアゴルフトーナメント」 (6,936ヤード・パー72)が開催。2日目に66をマークして首位に立った池内信治が最終日70でラウンドし、室田淳を1打上回り、通算13アンダーで今季初優勝。


<2015年6月>

シニアツアー第3戦「第16回スターツシニアゴルフトーナメント (6,950ヤード・パー72) が、6月12日から14日の3日間にわたって開催。2日目に63を出して一気に首位に立った室田淳が最終日も着実にスコアを伸ばし、通算19アンダーで今季初優勝。シニア賞金王奪還に向けて視界良好!?

 


スターツ笠間ゴルフ倶楽部 スコア報告・楽しみ方・オススメ口コミ

コメント: 1
  • #1

    井上ファン (火曜日, 29 11月 2011 16:45)

    105回。45パットで精神的にもやられてしまいました。パットもショットも全て出直し、再チャレンジします (転記)。