アコーディアゴルフ習志野カントリークラブ  - 旧習志野カントリークラブ キング・クイーンコース -

ACCORDIA GOLF NARASHINO COUNTRY CLUB - トーナメントの歴史が刻まれる名コース

【2019年主な開催競技 in アコーディア習志野CC】
・アメリカPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」 (2019年10月24日から10月27日)

アコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブ (千葉県印西市のゴルフ場)。ゴルフ場予約比較、クチコミ評価リンク、ゴルフ場ランキング、ルート検索地図、コースレート・スロープレートの難易度指標、設計者などのコースガイド。旧名称は「習志野カントリークラブ キング・クイーンコース」。藤田欽哉設計、1965年開場の歴史のある名門コース。キングコースは、距離もあり、雄大な印象。クイーンコースは、距離は短いが戦略性の高いレイアウトと なっている。過去に多くのトーナメントが開催されており、特に歴史と伝統のトーナメント、サントリーオープンの舞台となり知られています。1992年、1996年には世界のレフティ・ミケルソンが参戦、1997年・習志野での最後の開催では2012年賞金王に輝いた藤田寛之がツアー初優勝を飾っています。最近では、 2007年と、2008年に、フィランスロピーLPGAプレイヤーズが開催。2016年には初となる第26回日本シニアオープンが開催。

コース設計

藤田欽哉 設計. 千葉県内の設計コースは、野田市の千葉カントリークラブ野田コース、市原市の八幡カントリークラブ.

口コミ評価&攻略情報

主な口コミ評は、「随分前ですが習志野といえば1996年のサントリーオープン。金子柱憲が12打をたたいたのが印象に残っています。その16番ショートは見事バーディ奪取でした。/キングコースをラウンド。バンカーもしっかり効いているし、難易度が高い。グリーンをはずすと寄せが難しい。特に奥にこぼすと寄らないです。/通常ラウンドはそれなりにコストがかかるので早朝がオススメ。快適です。」。口コミ総合評価の平均は4。


アコーディアゴルフ習志野カントリークラブ コースガイド

所在地/TEL

千葉県印西市大森7 / 電話 : 0476-46-3111

開場

1965年 (昭和40年) 11月3日

面積

120万㎡ 

グリーン

ベント2グリーン

コース

キングコース アウトイン 18ホール PAR72

クイーンコース アウトイン 18ホール PAR72

コースレート
スロープレート
(難易度1-キング AG)

73.0 / 7,011ヤード - 124 - バックティ

71.3 / 6,678ヤード - 121 - レギュラーティ

69.5 / 6,296ヤード - 117 - フロントティ1

66.1 / 5,579ヤード - 111 - フロントティ2

コースレート
スロープレート
(難易度2-キング BG)

71.7 / 6,734ヤード - 125 - バックティ

70.0 / 6,401ヤード - 122 - レギュラーティ

68.3 / 6,019ヤード - 117 - フロントティ1

64.8 / 5,306ヤード - 111 - フロントティ2

コースレート
スロープレート
(難易度3-クイン AG)

70.8 / 6,579ヤード - 126 - バックティ

68.8 / 6,208ヤード - 124 - レギュラーティ

67.3 / 5,907ヤード - 119 - フロントティ1

66.0 / 5,620ヤード - 115 - フロントティ2

コースレート
スロープレート
(難易度4-クイン BG)

69.7 / 6,400ヤード - 122 - バックティ

67.9 / 6,029ヤード - 118 - レギュラーティ

66.4 / 5,738ヤード - 114 - フロントティ1

65.1 / 5,441ヤード - 111 - フロントティ2

開催トーナメント

1973~ 

◇アメリカPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」 (2019年)

2019-タイガー・ウッズ

◇フィランソロピーLPGAプレイヤーズ (2007~08)

2007-張娜      2008-全美貞

◇サントリーオープン (1974~1997)

1974-尾崎将司   1975-山本善隆    1976-G・マーシュ

1977-草壁政治   1978-金本章生    1979-草壁政治

1980-B・ロジャース 1981-B・ロジャース  1982-泉川ピート

1983-中嶋常幸   1984-栗原孝      1985-尾崎健夫

1986-G・マーシュ  1987-須貝昇      1988-尾崎健夫

1989-L・ネルソン  1990-中村通      1991-尾崎直道

1992-尾崎直道   1993-板井榮一    1994-D・イシイ

1995-倉本昌弘   1996-飯合肇      1997-藤田寛之

◇富士通レディス (1985)

1985-池渕富子

◇日本オープンゴルフ選手権 (1977)

1977-セベ・バレステロス

◇東京チャリティクラシック (1974)

1974-安田春雄

◇関東プロゴルフ選手権 (1973)

1973-尾崎将司

その他主な大会

◇日本プロゴルフ選手権 (1968年)

1968年-優勝:島田幸作

◇JALオープンゴルフトーナメント (1972年)

1972年-優勝:ゲーリー・プレーヤー

◇日本女子アマチュアゴルフ選手権 (1983年,1992年)

1983年-優勝:松原寿江  1992年-優勝:芳賀ゆきよ

◇第26回日本シニアオープン (2016)

2016年-優勝:プラヤド・マークセン

◇THE CHALLENGE Japan Skins -チャレンジジャパンスキンズ- (2019)

2019年-(タイガー・ウッズ、マキロイ、ジェイソン・デイ、松山英樹)

競技情報リンク等

2016年PGA国内シニアゴルフトーナメント開催コース一覧

名物ホール

・インコース 16番 PAR3 183ヤード

 池越えの景観の美しいショートホール

ドラコン推奨ホール

ドライビングレンジ

200ヤード / 16打席 

バンカー練習場

有り

アプローチ練習場

有り

宿泊施設

無し

最寄インター

東関東自動車道 千葉北インターチェンジ19キロ

ホームページ

アコーディアゴルフ習志野カントリークラブのホームページ

スポンサードリンク

 

 

 

アコーディアゴルフ習志野カントリークラブ 地図

アコーディアゴルフ習志野カントリークラブの地図。地図のプロットをクリックすると、目的地までのルート検索が可能です。また、地図を自由に操作し、ズームアップする ことでゴルフ場のコースレイトアウトの概要や航空写真も見ることができます。

 

アコーディアゴルフ習志野カントリークラブ、習志野カントリークラブ キング・クイーンコースの周辺ゴルフ場

 

船橋カントリー倶楽部

総武カントリークラブ 総武コース

総武カントリークラブ 印旛コース

泉カントリー倶楽部 

 

 

アコーディアゴルフ習志野カントリークラブ 関連情報&スコア報告等口コミ

 

アコーディアゴルフ習志野カントリークラブ 関連情報

 

<2014年3月>

2016年、第26回の日本シニアオープン開催コースに決定。日本シニアOPの開催は初。メジャー大会の開催は、セベ・バレステロスが優勝した1977年の日本オープン以来。

 

<2014年6月>

トーナメントクオリティのコースの戦略性、セッティング、コンディションを提供するブランド「トロフィア・ゴルフ」のゴルフ場に。数々のトーナメント開催実績を持つ、習志野カントリークラブキング・クイーンコースの歴史についてホームページにはこんなことが書かれています。「コース設計はゴルフコース設計の祖、藤田欽哉。井上誠一の師匠格ともいわれ、日本のゴルフ黎明期を代表するコース設計家である藤田欽哉は自然の地形・起伏・池を生かしたコースの設計を得意としており、当コースも雄大なロングホールから起伏に富んだ戦略的ホールまで、自然の地形を存分に生かしたコース設計が特長。高度経済成長の中で、まさに第一次ゴルフブームを支えてきた習志野カントリークラブは数多くのトーナメントを開催し、多くの人に広くゴルフの楽しさを伝えることをコースの誇りとしてきた。1978年(昭和53年)千葉県香取市の習志野カントリークラブ空港コースの開場とともに当コースは、習志野カントリークラブキングクイーンコースと改名し、まさに王者の名を冠したコースとして変革を遂げた」。2016年には日本シニアも予定されており、名門の再興及び今後に期待です。

 

<2016年9月>

2016年9月15日から18日の4日間、2016年度第26回日本シニアオープンゴルフ選手権が開催。3日目を終わって7アンダーで並んだプラヤド・マークセンと鈴木亨の一騎打ちとなったが、最終日バックナインでスコアを落とした鈴木亨に競り勝ったP・マークセンが通算12アンダーでシニアオープン初優勝。3位は盧建順で通算1アンダー。2位と3位との差が8打差。1位と2位の2人がいかに高いレベルで競り合ったのかが分かるシニアメジャー大会でしたね。

 

<2018年11月>

2018年11月20日、都内での会見で、アメリカPGAツアートーナメント「ZOZOチャンピオンシップ」が2019年秋に開催されることが発表されています。アメリカPGAツアーの日本開催は初。株式会社ZOZOが冠スポンサーとなり、習志野カントリークラブでの開催が予定されています。

 

<2019年3月>

「習志野カントリークラブ キング・クイーンコース」 から 「アコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブ」にゴルフ場名称変更。

 

<2019年10月>

(ZOZO CHAMPIONSHIP 事前) いよいよPGAツアーが日本上陸。ZOZOチャンピオンシップが今週開幕です。タイガー・ウッズ、ローリー・マキロイ、ジャスティン・トーマス、トミー・フリートウッド、ジョーダン・スピース、ジェイソン・デイ、セルヒオ・ガルシアなど、世界のトッププレーヤーが千葉県の習志野カントリーに集結します。日本勢は松山英樹、小平智のほか、石川遼や今平周吾が出場予定となっています。地の利を生かして日本人プレーヤーが活躍して欲しいですね。なおチケットは完売していますがオークション等でまだ手に入る可能性はあります。(結果) 日本初となるPGAツアー「ZOZO CHAMPIONSHIP」が2019年10月24日から10月27日の4日間の予定で開催。大会2日目の25日は雨天中止、26日はコースコンディション不良による無観客試合、最終ラウンドの残りが28日月曜日にとなるなどスケジュールを大幅に変更して行われました。そんな中、初日に64をマークして首位に立ったタイガー・ウッズが安定したゴルフで首位を守り続け通算19アンダーで完全優勝。サム・スニードに並ぶ、歴代最多となるツアー82勝目。アイアンの精度、パッティングの読みと技術は、まだまだ世界ナンバーワンだと思います。ツアー通算83勝目だけでなく、来年のメジャーも楽しみになりましたね。なお2位は3打差通算16アンダーの松山英樹。松山以外の日本勢は小平智が通算2アンダーの37位タイ。大槻智春が通算イーブンパーの46位タイ。賞金ランキング2位の今平周吾は3オーバーの59タイ。賞金ランキング3位の石川遼は1オーバーの51位タイに終わっています。松山以外で世界に通用する(上位フィニッシュする)選手が早く出てきて欲しいですね。

 

アコーディアゴルフ習志野カントリークラブ スコア報告・楽しみ方・攻略法・オススメ口コミ

コメント: 4
  • #4

    pig (日曜日, 17 11月 2019 10:50)

    日本初のPGAツアー開催コースだけあり、雰囲気残ってました。グリーン速かったですよ。

  • #3

    ぞぞぞ (金曜日, 25 10月 2019 14:51)

    ZOZOチャンピオンシップ観戦。日本のゴルフ場にこんなにたくさんの人が集まるなんて夢のような雰囲気。タイガー、マキロイ、オーラ半端なかったです。最終日にまた行きます。

  • #2

    トロ (金曜日, 26 6月 2015 23:01)

    アコーディアの中ではメンテがよく気持ちが良い。トロフィア増やしてくれたらいいのにと思ってしまう。

  • #1

    バーディトライ (水曜日, 11 7月 2012 15:12)

    クイーンコースをラウンド。距離はさほどないですが、池やバンカーなどが非常に戦略的なコースでした。結構叩いてしまったので、またチャレンジします。